横浜市泉区、瀬谷区、戸塚区でトイレ、バス、システムキッチン、屋根外壁塗装等のリフォームするなら和泉リビング 和室のリフォーム、費用や工事時期などポイントを解説①

お問合せはお気軽に 0120-7123-26

ニュース

「畳が古くなった。フローリングにしたい」「障子の張替えがしたい」「和室から洋室へ刷新したい」

和室をリフォームする際、畳や障子の張り替え、または交換を行うことが多いです。しかし、和室を洋室へリフォームするときには、少しまとまった工事になりますよね。お部屋をまるごと刷新しますので、やはりどのくらい工事費がかかるのか気になる方は多いでしょう。和室リフォームには様々なパターンがありますので、どのような空間にするかによって、行うべきリフォーム工事は変わってきます。今回は、そのあたりを踏まえて、和室リフォームの費用やポイントについて述べたいと思います。

・和室リフォームの種類

和室リフォームにはいくつかの種類がありますので、あらかじめそれぞれのポイントを押さえておく必要があります。一箇所の畳の交換リフォームから、和室から洋室へ、あるいは逆に洋室から和室へのリフォームを行うこともあります。                                                                   畳をリフォームする場合、主に以下の2種類が行われます。                                                             ・畳の表替え                                                                                             ・新しい畳へ取り替え                                                                                畳の種類や品質にもよりますが、基本的には以上の2つで、比較的新しい場合ですと、畳を裏返すだけで済む場合もあります。                                      一般的には表替えから10年~15年経った段階で、新しい畳に交換していきます。                                                               新しい畳に切り替えるタイミングによって、畳の種類を変更することもできます。

・襖、障子の張り替え

和室は畳だけではなく、襖や障子もあるという方も多いでしょう。畳と同時に襖や障子を張り替えも行っていくことも検討したいです。襖や障子は破れたり、汚れたりしやすいので、やはり01年~15年ほど経過したら張り替えを検討しましょう。

・和室の壁と天井のリフォーム

和室・洋室に関わらず、壁・天井のリフォームを検討されている方も多いです。壁面はエコカラットという調湿機能がある素材にリフォームできますし、珪藻土や漆喰(しっくい)のような自然素材を塗ることで和室の空間を上質な雰囲気にすることができます。エコカラット同様、調湿効果や防臭効果が見込めます。さらに天井には間接照明をを設置することで、和モダン空間を演出することもできるでしょう。                                                                               こうした陰影やディテールの演出により、昭和の和室が現代のデザインに蘇ります。レトロ感のある古き良きものを残し、令和のデザインを融合させて、自分らしいお部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

興味のある方は泉区、戸塚区で豊富な内装リフォーム実績がある和泉リビングへお声がけください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp



 

給湯器の納期遅延と故障のサイン

|Date:2022年1月15日 | Category: |

・納期遅延の現状(2022年1月現在)

コロナ禍でのベトナムのロックダウンや半導体不足原因で、給湯器の納期遅延が長引いています。代理店の担当者によると、リンナイは発注して3か月後、ノーリツやパロマは納期の見通しが立っていないそうです。ガス給湯器だけでなく、エコキュートも遅延しているのが現状です。                                              メーカーによっては海外依存だった生産を日本国内にも調達先を拡大するなど対策を進めているようです。工場の生産が滞るメーカーが出始めるとその影響で在庫があるメーカーに発注が集中し、結局、業界全体で在庫がない状態が広がります。海外に生産拠点を開設したり、海外から部品調達したりするグローバル化戦略は原価を抑えたり、現地で雇用を生み出したりといったメリットがある反面、今回の事態のようにグローバルリスクが伴います。昨年はウッドショック(木材不足)がニュースや新聞の記事として頻繁に取り上げられていて、ご存じの方も多いかと思います。

大手メーカーの多くはBCPと言って、非常時を想定し事業が継続する仕組みをあらかじめ構築しているのですが、現時点のBCPでは機能しないといことも明らかになり、新たな対策が急務となっています。現在はベトナムのロックダウンも解除されたようですが、半導体不足は自動車業界でも不可欠な部材なので、異種業界間での取り合いが激化しており、部品不測の解消はまだ見えない状況です。特にマンションの給湯器は商品が限定されていて、本当に困ります。寒冷地とは違い、横浜エリアで凍結することは考えにくのですが、冬季は給湯器のトラブルが発生しやすい時期ですので、なおされ心配です。

・給湯器故障のサイン

品不足が続く給湯器ですが、今回は給湯器の故障にはサインがあるということを述べたいと思います。給湯器は故障する際、いきなりストップしてしまうことは少なく、故障に至るまでに、様々な症状が出てきます。例えば、給湯と追い炊きという機能がありますが、「お湯は出るけど、自動湯はりはできない」「追い炊きしてもなかなか温まらない」といったケースは典型的な故障のサインです。また、「台所ではお湯は出るし、シャワーも使えるけど、お風呂の湯量が設定の半分程度にしかならない」「42度に設定していても、お湯の温度が低い」といったケースもあります。こうしたサインが出ているのに、そのまま、スイッチを何度も押す等ごまかしながら使い続けますと、結局は全く動かない状態になってしまいます。商品の当たりはずれもありますし、お客様の使用頻度にもよりますが、新品の状態から5年以上経過しているという方は、故障のサインが出ていないかご注意ください。

以上、給湯器の遅延と故障のサインについて、お伝えしました。もし上記のような故障のサインが出ているという方は、納期が先になることを見据えて、早めにご発注いただくことをお勧めします。

 

泉区、戸塚区にお住いの方で、給湯器をはじめ、水まわりの交換、外壁塗装をご検討中なら和泉リビングにご相談ください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

エコカラットで快適な室内空間(内装リフォーム)②

|Date:2022年1月10日 | Category: |

実際にエコカラットを採用した施主様からは、「梅雨時、ジメジメすることがなくなった」、「部屋干しでも洗濯物が乾きやすくなった」、「タバコのニオイが無くなった」、「ペットのニオイがなくなり、友達を呼びやすくなった」という声が寄せられています。

<エコカラットの採用をお勧めする箇所>

・家族が一番長く過ごすリビングに

・ぐっすり眠りたいという方は寝室に

・ニオイが気になるトイレに

・ご家族にアレルギー体質の方がいらっしゃり、ホルムアルデヒドなど化学物質が気になる部屋に

・その他、ペットを飼っていたり、タバコ臭、生ゴミなど生活臭があったりする部屋に(複数のニオイにも効果を発揮)

等々、ニーズに合わせてまずは1箇所だけでエコカラットの効果を試してみるのもよいでしょう。

特に大手ハウスメーカーさんにより施工された建物はほぼ自社オリジナルの換気・空調システムに依存しがちですが、上記のようにエコカラットのような厳選素材を内壁に取り入れることにより、ゼロエネルギーで快適な室内空間が実現できます。

テレワークにシフトしたビジネスパーソンに限らず、家がすべての中心になった今、「体に優しい食べ物にこだわる」、「飲み水にこだわる」、そして、体に入る第3の要素として「空気にこだわる」という意識が高まる一助となれば幸いです。

引き続き、住まう人の心が豊かになるリフォームを追及していきます。

エコカラットに興味がある方は泉区、戸塚区で豊富なリフォーム実績を持つ和泉リビングへ

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

エコカラットで快適な室内空間(内装リフォーム)①

|Date:2022年1月6日 | Category: |

空調機器メーカーのダイキンさんが室内の空気について調査したアンケート結果が業界紙に取り上げられていました(2020年1月~2021年10月の期間にテレワークなどを経験した東京在住・在勤の男性200人、女性200人を対象とした調査結果)。

<アンケート結果から抜粋>

・在宅時間が1週間に30時間以上増えたという人=52.6%

・そのうち、息苦しさ、よどみを感じている人=68%

という結果になっています。

人間は1日に約3万回、15000リットル呼吸するというデータもある中、在宅時間が増えて「空気を整える」というテーマが脚光を浴びています。さらに「室内空気循環がテレワーク時のパフォーマンスに影響すると思いますか」という質問に対しては92.5%がYESという回答です。具体的には「温度、湿度、ニオイが集中力に影響する」という回答が多かったようです。冬季なら当然、結露も発生しやすくなり、体にも悪影響を及ぼします。                                                              こうした結露、夏の蒸し暑さ、ニオイといったお悩みに対して、まずは窓をあける、空気清浄器を買うという対策と、もう一つ見逃せないのが室内の素材で、様々な素材、建材がある中、今回はエコカラットという商品について取り上げたいと思います。

エコカラットとは「内壁の機能により、空気を変えて、暮らしを変える」というコンセプトを持ち、1999年にINAX(現LIXIL)から発売された壁材です。タイル建材の新しい可能性を切り開いたと言われています。発売から今日に至るまで進化を続け、エコカラットシリーズ全体で、グッドデザイン賞7回、キッズデザイン賞2回受賞するなど、国内外で高い評価を受けています。

<主な機能、効果>

・快適な湿度に保とうとする調湿(加湿も除湿もする)機能を持ち、室内のジメジメ、カビやダニの繁殖を防止する効果がある。                                 ※調湿効果は珪藻土の6倍、調湿壁紙の25倍(LIXIL調べ)

・気になるニオイや有害な物質を低減する

・優れたデザイン性により(豊富なバリエーション)、より上質な雰囲気の空間に

・調湿効果がありながら、水拭きでお手入れも可能

(初代エコカラットから「エコカラットプラス」へ進化し、調湿性能2.6倍、VOC吸着性能3倍に)

 

エコカラットに興味がある方は泉区、戸塚区で豊富なリフォーム実績を持つ和泉リビングへ

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

リフォーム会社選びのポイント②

|Date:2021年12月31日 | Category: |

今回は前回に続き、会社選びのポイントをお伝えします。まずは個人経営の大工さんからです。

・個人経営の大工さん

施工の範囲は広いですが、提案はワンパターンになりがちです。価格は比較的安くなる傾向ですが、会社組織ではないため、アフターサービスや必要書類の発行など不十分になりケースが多いです。

・ハウスメーカー系

大手ハウスメーカーのリフォーム部門についてです。会社によってはほぼ新築オーナー向けに対応していますが、一部それ以外の新規のお客様に対応する会社もあります。家を建ててもらったハウスメーカーに相談するという流れが多いかと思いますが、どうしても固定費がかかるため、予算オーバーだったり、提案が物足りないからという理由で別の会社に相談されたりする方もいらっしゃいます。大手リフォーム会社同様、提案は画一的になりがちでブランド重視の方は一つの選択肢です。

・家電量販店、ホームセンター

水まわり主体で展開しています。店内に設備機器を展示していることが多く、価格もわかりやすい、商品も選びやすいという利点はありますが、自社カタログに載っていない商品については、高くなったり、対応が苦手だったりします。とにかく刷新されればいいという方は良いですが、自分に合った商品をじっくり選びたいという方には物足りないかもしれません。建築知識高いわけではありませんので、交換工事以上の対応には積極的ではありません。

・インターネット系

水まわりを中心に展開しています。店舗の固定費がなく、価格は安いかもしれませんが、モノ売りの印象は残ります。とにかく安く仕上げたいという方の選択肢の一つですが、施工品質は施工業者のレベルによって上下する点が懸念点です。

以上、前回に続き、大きく7つに分けてお伝えしました。中でもリノベーション専門店、リフォーム専門店は会社によって様々です。あくまで傾向である点、ご理解いただいた上で、会社選びが成功するきっかけになれば幸いです。

2021年和泉リビングのニュースブログは、今回が最終回です。2022年も皆様にお役に立てる情報をお伝えしていきたいと思います。

 

泉区、戸塚区及び周辺で水まわり、外壁工事のことなら和泉リビングにお声がけください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

リフォーム会社選びのポイント①

|Date:2021年12月27日 | Category: |

リフォームは正しい会社選びができれば9割成功したと言っても過言ではありません。今回は会社の種類を7つに分けて正しい会社選びのヒントを提供できればと思います。リフォーム業界には様々な会社の種類があり、お客様がどのようなリフォームをしたいかによって、適切な依頼先が変わってきます。

・リノベーション専門店

大規模な工事を中心に取り組んでいる会社です。大きくはデザイン系と性能系に分かれます。自分好みのおしゃれな空間にしたいのか、デザインより耐震や断熱を重視したいのか、優先順位を明確にし、ホームページをチェックするとよいでしょう。マンションが得意か、戸建住宅が得意かも会社によって違いがあります。総じて、提案力は高いと言えますが、得意分野は会社によって異なる点、注意が必要です。

・リフォーム専門店

一般的にキッチン、ユニットバスなど水まわり工事、外壁や屋根など塗装工事を主体としている会社です。施工範囲は広いのですが、工事金額としては、100万円前後を中心にしており、LDK(リビング、ダイニング、キッチン)までが主な範囲でのリノベーションのような大掛かりな工事への対応は積極的ではありません。地域密着でアフターフォローがしっかりしている会社が多い印象ですので、大掛かりの工事ではなく、信頼できる担当者と出会えれば、家の相談相手として心強いでしょう。

・大手リフォーム会社

定額制をうたい、大規模なリフォーム・リノベーション工事に対応しています。断熱性能、耐震性能に関しては、一定の基準までなので、性能にこだわる方は信頼できる地域工務店を選んだ方がよいでしょう。マニュアル的な体制で、デザイン性も画一的になりがちです。また、全国展開し、各地で施工業者を募っていることもあり、施工品質はどうしても当たりはずれがあることが懸念点です。こだわりがなく、ブランド志向でどうしても大手がいいという方には一つの選択肢だと思いますが、情報収集をしっかりしてから判断されることをお勧めします。ブランド力がある反面、固定費が多く、価格は高くなりがちです。

以上、今回は7つのうち3つを取り上げました。次回は個人経営の大工さん、ハウスメーカー系、家電量販店、ホームセンター、インターネット系について特徴を解説する予定です。興味のある方はぜひ次回ブログもご一読ください。

泉区、戸塚区及び周辺で水まわり、外壁工事のことなら和泉リビングにお声がけください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

気になる水まわりリフォームの特徴と費用②~お風呂~

|Date:2021年12月20日 | Category: |

以前から、お風呂リフォームの主流はユニットバスになっています。これは、壁と床、浴槽、すべて一体化されているタイプのものです。システムバスと呼ぶ人も多いです。一方、壁や床をそれぞれ組み立てていく工事を在来工法のお風呂と言います。

ユニットバスを採用するリフォームは、あらかじめ各メーカーの工場で作られた部品を組み立てる工程となりますので、施工現場での工期が短縮されることが大きなメリットです。機能的にも優れており、空間の断熱効果、浴槽のお湯の冷めにくさ(保温効果)など様々が利点があります。タカラスタンダードのユニットバスなら、耐震性まで付いています。

一般的なお風呂リフォームなら、在来のタイプからユニットバスへ変更するパターンです。キッチンとお風呂を一緒にリフォームする、または、キッチン、お風呂、洗面化粧台、トイレ、4点すべて同時にリフォームする例も多いです。高齢の方がお住いの場合、脱衣室の窓に内窓を設置するケースも増えています(YKKAP「プラマード」、リクシル「インプラス」)。以前お伝えした通り、温度差によって体に悪影響を及ぼすヒートショックを予防することができます。

・お風呂リフォームの費用感

お風呂のリフォーム費用の目安はキッチン同様、50万円が下限で、グレードやオプションによっては150万円程度まで幅があります。オプションは、ジェットバスや、浴室テレビなどがあります。また、お風呂場付近は湿気が多く、ちょっとした水漏れにより、シロアリの被害が発生しているケースもあります。この場合、土台から補強する工事が必要になります。           主な費用の内訳は、主に6点あり、ユニットバス本体の費用、ユニットバスの取付工事、撤去工事、給排水工事、諸経費になります。浴槽の素材は複数あり、FRP製、ステンレス製、タカラスタンダードならホーローの素材を特徴にしています。以上ユニットバスの場合も、本体のグレードや、工事範囲、オプション等によって幅がありますが、参考にして頂ければ幸いです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

水まわりとは、一般的には、キッチン、お風呂、洗面化粧台、トイレ以上4点のことを言います。住宅設備機器という言葉を使う場合もあります。水まわりの機能性、使いやすさ、掃除のしやすさは、日々の暮らしの満足度を大きく左右します。もし、築年数の古い建物だったとしても、水まわりを刷新することで、快適に暮らせます。今回のブログではそのような思いで、水まわりリフォームの費用感をテーマにお伝えします。これから水まわりリフォームをしたいという方のヒントになればと思います。

・水まわりリフォームの工事時期

水まわりの工事時期は、新築時から20年~25年ほど経ったらリフォームされる方が多いです。15年ほど経過しますと、表面的にはまだまだ大丈夫のように見えても、老朽化が着実に進んできます。目安としては、築20年前後と考えていたただければと思います。給湯器関係は10年ほどで故障するケースもあります。

・水まわりリフォームの費用

水まわりリフォームにかかる費用は大きく分けて4つあり、本体費用と撤去費用、取付費用、諸経費になります。システムキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台、それぞれに言えることですが、各住設機器メーカーがグレード別に商品を品ぞろえしており、そのグレードによって、費用が上下します。また、工事のスペースの大小によって費用が変わります。

・キッチンリフォームの費用感

キッチンのリフォームには複数のパターンがあります。例えば、老朽化したキッチンを最新のシステムキッチンに取り替えるようなケースを思い浮かべる方が多いかと思いますが、それだけではありません。システムキッチンのスタイルも様々あり、壁付けタイプから対面型にする例や、I型からL形にするなど形状を変えるケースもあります。最新のシステムキッチンに入れ替えることで、料理のしやすさ、お手入れのしやすさが劇的に向上します。本体に関しては、安い商品であれば、50万円が下限の予算感です。システムキッチンを入れ替えるだけでなく、2つの部屋を1つの部屋にして、広々とした開放感のあるLDK(リビング・ダイニング・キッチン)にリフォーム(間取り変更)するような場合は、さらに内装工事、配管工事などが発生します。このような場合ですと、150万円、工事内容によっては200万円を超えてきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

ニュース・イベント

和室のリフォーム、費用や工事時期などポイントを解説①

和室のリフォーム、費用や工事時期などポイントを解説①

施工対応エリア

横浜市泉区、
瀬谷区、
戸塚区、
および横浜市内

カテゴリー

タグクラウド

トイレ ビルトインコンロ 内装工事 クロス貼り工事 TOTO トイレ工事 洗面化粧台交換 サッシ工事 クリナップ 屋根工事 ユニットバス工事 リシェント ホールインワン給湯器 レンジフード フローリング工事 ノーリツ ニチハ リクシル 横暖ルーフ カバー工法 シロッコファン リンナイ 給湯器 玄関ドア フェンス工事

アーカイブ