横浜市泉区、瀬谷区、戸塚区でトイレ、バス、システムキッチン、屋根外壁塗装等のリフォームするなら和泉リビング 横浜市泉区、戸塚区にお住まいの方へ 収納リフォーム・リノベーション その2

お問合せはお気軽に 0120-7123-26

ニュース・イベント

Date:2023年3月31日 | Category:

そうは言っても、片付けが上手な人って、そんなに多くいないのが現状です。誰しもが、毎日元気でハツラツとしているとは限りません。家事や仕事など疲れている時も多いものです・・・。住宅展示場やモデルルームではすっきりとした理想的な空間になっていますが、毎日生活しているとなかなかそうは行きません。単純に「収納スペースを増やす=片付く」とも限りません。そうしたことも背景に、リフォーム・リノベーションでいかにして収納がうまくできるようになるのか、いくつかのポイントに分けて一緒に考えていきたいと思います。

 

①キッチン収納のポイント

毎日使うキッチンの収納にお困りの方も多いですが、台所が片付かないから、結果的にダイニングテーブルが作業台になってしまっているケースをよく目にします。そこが物置のようになると、食事するスペースがないから、結果的にリビングでご飯を食べることになります。こうした課題がある場合、勝手口をなくしたり、食品庫など収納スペースを、適切な場所にもう一つ用意したりすると解決します。年をとってくると、買い物に行く回数がだんだん減ってきて、1回の買い物で買う量が多くなりがちです。したがって物をストックするスペースが多めに必要なんです。多めにない場合は、買いだめして、とりあえず廊下に置いたり、台所の付近に置いておいたりする。そうすると、どんどん家の中が片付かない状態になってしまいます。

さらに、キッチンの開き戸が使いにくいという声も多いです。キッチンが引き戸式だと、立ったままで、奥までどこに何があるのかがわかります。従来式のキッチンは、いらないものが奥のほうに偏ります。手前のほうしか使いませんから。結局、台所の3分の1程度しか使えていないんです。でも引き戸式だと、収納をフルに使えて、キッチン周りが片付きやすくなるということにつながります。

 

②玄関収納のポイント

リフォーム・リノベーションのお客様のお悩みをお聞きすると「玄関をスッキリとさせたい」という要望も多いです。特に建売住宅やマンション等、玄関スペースが元々狭く設計されていたりすると、なかなか片付かない状況になりがちです。靴・傘・ゴルフバック・宅急便が入っていた箱等々。いつの間にか玄関はもので一杯・・・。靴も増える一方で、間に合いません・・・。限られた面積をどうやって有効に使うのか、工夫のしどころです。

まずは、履いていない靴や必要ない物があるかないかチェックし整理しましょう。靴や玄関に置いてある物を整理した後は、収納しやすい空間づくりを考えていきます。現状を把握しないで、玄関空間だけをプランニングしてしまうと、機能しづらくなることありますのでご注意ください。ぜひ、収納スペースとして必要な高さ、横、奥行きのサイズを確認し、デッドスペースができないよう玄関空間を考えていきます。

さらに、玄関スペースを現状より1.5倍確保することで、様々な空間づくりが可能となります。土間を置いたり、ベンチを設置したり。あるいは、出入りできるシューズクロークをつくることで、すっきり片付くようになります。

帰ってきたら、まず目にするのが玄関。リフォーム・リノベーション直後の見栄えだけでなく、本当に機能する収納についてじっくり考えて、いつまでもスッキリした玄関空間にしたいものです。

 

横浜市泉区、戸塚区でリフォーム・リノベーションのことなら和泉リビングへ

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

Date:2023年3月27日 | Category:

今まで、たくさんの方の家づくりに携わってきましたが、みなさん、いろいろな悩みを持っています。中でも収納に関するお悩みは多いです。マイホームを手に入れた方に対する調査(リクルート)で「家づくりで失敗したと思ったこと」の1位は、「収納」だったそうです。4人に1人の割合で収納に失敗したと回答しています。「子供の荷物を置く場所がない」「冬物の服を置く場所がない」「クローゼットに入りきらない」「2階のロフト部分の収納スペースから物を出し入れするのが大変」「本の収納スペースがない」等々。

リフォーム・リノベーションを進めていく上で、十分な広さや収納量をとるだけでなく、収納スペース部分の内部のあり方やどこを収納場所にするかという視点も大事です。モノを出す・使う・しまう、それぞれのシーンをしっかり考えて「家づくり」を進めていく必要があります。以下は収納スペースを検討する際のチェックポイントです。

□収納したいモノのサイズと、収納スペースの幅・奥行き・高さが合うか?
□モノを使う場所から収納する場所までは近いか、動線はスムーズか?
□クローゼットや靴収納などのスペースは、現在の住まいと比べて十分か?
□収納扉は開き戸、引き戸、折り戸等状況に合った使いやすいものになっているか?
□オープン収納がほかの部屋などから丸見えになって困ることはないか?

□よく使う、よく出し入れするモノは手の届きやすい高さに収納できるか?
□収納内部に照明やコンセントを設置するなどの工夫があるか?
□どこに何をしまうか、家族全員がわかりやすいつくりになっているか ?

これらはほんの一例ですが、リフォーム・リノベーションのプランを考えていく上で一緒にチェックしていく必要があります。

 

(次回に続く)

横浜市泉区、戸塚区でリフォーム・リノベーションのことなら和泉リビングへ

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp



 

Date:2023年3月10日 | Category:

~キッチンリフォーム・リノベーションの工事時期の目安~

・築15年以上の家にお住まいの方(または、キッチンリフォーム後、15年以上経過している方)

まずは築年数の観点から。キッチンの耐用年数は各メーカーともおおむね10~20年と言われており、これ以上経過している場合は、キッチンのリフォーム・リノベーションを検討すべきタイミングという判断ができます。給湯器、IHクッキングヒーター、ガスコンロなど、どんな設備機器も15年ほど経過しますと、何らかの不具合が起こる可能性が高くなります。シンクや天板、キャビネット、食洗器も同様です。

 

・何らかの不具合が発生しだした時

毎日使うキッチンは、使用頻度が多く、どうしても不具合が出やすくなる場合が多いです。前述のとおり、経年劣化とともに設備機器の寿命は短くなるものです。特にメンテナンスを全くしないで、そのまま放置してしまうと故障や損傷といったトラブルが生じやすくなります。故障や損傷が発生した時はキッチンリフォーム・リノベーションの時期と言えます。

 

・料理や掃除、キッチン用品の片づけなど不便を感じた時

今発売されているシステムキッチンは基本、各住設メーカーが社内の衆知を結集し、最新機能が装備されています。料理のしやすさを考慮した製品、掃除しやすい構造になっている製品、収納機能満載の製品など、興味のある方はぜひお声がけください。対面型のシステムキッチンなど開放的なキッチン空間へ配置や間取りを変更するようなリフォーム・リノベーションを含め、様々なプランを提案します。

 

横浜市泉区、戸塚区でキッチンリフォームをはじめ、水まわりリフォームのことでしたら、和泉リビングにお尋ねください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社和泉リビング

横浜市泉区和泉中央北4-14-1

0120-7123-26

http://www.izumi-living.co.jp

ニュース・イベント

浴室天井塗装

浴室天井塗装

施工対応エリア

横浜市泉区、
瀬谷区、
戸塚区、
および横浜市内

カテゴリー

タグクラウド

カバー工法 TOTO フェンス工事 屋根工事 ニチハ ノーリツ 洗面化粧台交換 ユニットバス工事 レンジフード 横暖ルーフ クロス貼り工事 キッチン工事 内装工事 クリナップ ビルトインコンロ ガス給湯器 雨樋工事 屋根塗装 外壁塗装 フローリング工事 玄関ドア リクシル トイレ工事 給湯器工事 リンナイ

アーカイブ